ゴルフ日誌

2004年11月20日 下田カントリークラブ
URL : http://www.
INコース Par 36 Kazu=53 Mari=62
OUTコース Par 36 Kazu=50 Mari=65
  朝6時に家(清水)を出発。10時のスタートなのだが、こちらからのかかる時間がイマ
 イチよく分からないので少し早めの出発だ。いつものようにバイパスを富士・沼津と進んで
 いく。前回のゲンを担ぐ訳でもないが松屋で朝定食を食べる(前回は、吉野家)。沼津から
 伊豆長岡・修善寺・天城と進んでいくが、この時間だからかすごく空いていて快調・快調。
 湯ケ野温泉から136を外れ、414号国道。急に道幅が狭くなる、のに対向車は結構スピ 
 −ドを出していて恐い。山を登って下って、また国道外れてを右折していく。しばらくいくと
 ゴルフ場の看板。なんと、8時半くらいに着いてしまった。結局、この時間だと2時間半で
 来てしまうってこと。だけど、時間帯が違うとまた状況は変わるからなんとも言えないが。
  フロントにお願いしてスタートを早めてもらった。8時50分。逆にちょっと早すぎたかな。
 後から思うと、もう少し遅くてもよかったかなと。
  簡単な鳥かごの練習場があるので、そこで1箱(30個くらい:無料)打つ。いつもの調子。
 まあまあってところ。奥さんのほうもまあまあって感じだ。グリーンはまだ湿っていてあまり
 様子が分からない。
  INコースからスタート。こちらはどんどん登っていくホールが最初連続していて、打ち上げ
 打ち上げであまりいい感じがしない。スタートのティーショットはイマイチだけど、こんなもの
 かなっていうくらいで無事にスタートできた。が、悲劇はここからだった。フェアウェイを歩い
 ていくと、ここ2〜3日の雨でぐちゃぐちゃになっていた。見た目は綺麗だが、ゴルフには
 まずい。アドレスでしっかりクラブをソール(地面に着けて)していなければいけないのに
 つい浮かしてしまう。水っ気(泥)にクラブを着けるのを嫌がってしまっていた。さらに、本来
 ボールから芝から打ち込まなければいけないのに、ビシャビシャになるのをさけてヘッド
 アップになってしまった。そう、トップボールでボールは上がらずにザザザッと芝を転がって
 いくだけのショットになってしまった。・・・って簡単に書いたけれど、それが良く分からない
 まま、あれどうしたのかな・どうしたのかなって思っているうちにホールは進んでいくのでし
 た。これは奥さんも同じような現象で、結局2人ともレベルは変わらないってことが分かっ
 た。それに加えて、グリーンは濡れているにもかかわらず結構速い。パットで行ったり来た
 りしていると、スコアはどんどん悪くなる。10番は、KAZU=8、MARI=9。最悪のスタートに
 なってしまった。次の11番はパー5のロング。ずっと打ち上げていくホール。相変わらずの
 調子に加えて上り坂。空気はまだ冷たいのに、汗びっしょり。トレーナーを脱ぐ。またまた
 ザザザッと進んで坂を登る。長袖ラガーシャツも脱ぐ、Tシャツ1枚だ。なんとかグリーンに
 たどり着いて一安心。「こりゃ、苦行だ」って奥さんも一言。やっと、ゴルフのおもしろさが
 少し分かってきたって言ってたばかりなので、こりゃまずいかなって思ってしまった。そんな
 こんなで、KAZU=8,MARI=8。こりゃまいったね。
  それでも5ホール目くらいから少しずつ戻ってきた。いつもの調子まではなかなかいかな
 いが、「ゴルフが楽しい」ってくらいにはね。そうそう、特に奥さんは前回調子が良くって
 そのイメージっていうか、その乗りできたのでちょっと悔しいって感じだ。
  元々山岳コースで、打ち上げがあれば、すごい打ち降ろしもあってなかなか良いスコア
 は、出し難いのじゃないかと思う。メンバーさんで、コースを知っていると、距離はさほど
 無いので逆にスコアが良くなるのかもしれないな。奥さんと話すのだが「メンバーになって
 同じコースを何十回と回って、良いスコアを出してもしょうがないよね、いろんな所に旅行
 感覚でいった方がいいよね」って思うな。
  昼は食堂で、カツカレーとラーメン。普通の感じで、すごくおいしかった。
  後半は、それでもいつもに近い調子で楽しんでまわれた。前・後ろとも、ツーサム。
 前はまだ若いカップルで、後ろはリタイヤくらいのご夫婦。こういうのってやっぱいいな。
 男4人のパーティーって、やっぱ変だ。初心者を教えてやっているってなら、まだいいけど。
  プレーが終わってパックの旅館を聞いてみると、湯船は大きくはないがちゃんとした温泉
 だってことなので、ゴルフ場の風呂はパスして旅館に向かった。途中っていうか、一旦通
 りこして下田の東急で買い物。替えのパンツとビール。たくさん飲むのでいつもこっそりと
 ビールを持ち込む。
  旅館は「千代田屋旅館」。PHOTOで紹介しているのでそちらも見てください。
 「そっとあなたを包みこむ、やわらかな空間。それは四季の自然がおりなす山海の彩り。
 小鳥のさえずりや、すがすがしい空気。そこに、旅を愛する人々の求める”心なごむ宿”
 あくまでも自然に、あくまでも優しく、旅心を感じていただけますように。それが千代田屋
 旅館の家族的なおもてなしの心です。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。」
 パンフレットから書きだしたけど、その通りの感じの良い旅館だった。なんかすごく落ち着
 けたな。そうそう、持ち込みもOKみたい「冷蔵庫もご自由に」って。肝心の温泉は、横川
 温泉のかけ流し。すごくあったまる。
  なんといっても、ゴルフと宿泊のパックで14800円(土曜日泊)。これはいいよね。
                                        (2004.12.04)
・・・
夫婦ゴルフ

富士見が丘カントリークラブ

TOP
ゴルフ日誌(BackNumber)