ゴルフ日誌

・・・

2004年11月7日 伊豆にらやまカントリークラブ
URL : http://www.
中コース Par 36 Kazu=50 Mari=52
西コース Par 36 Kazu=49 Mari=57
  朝、4時過ぎには目が覚めてしまった。7時6分スタートなので、5時過ぎに家(湯河原)
 を出発の予定。奥さんなんか、帰ってきたら・・・って言っていたコラムを書き始めた。こち
 らも目が覚めてしまったので、そうそうに着替えをすませた。
  予定通り5時過ぎに出発。まだ暗い。当然だけど、道路は空いている。いつも清水への
 行き帰りに使っている、熱函道路を走っていくのだが、慣れた道ですごく楽だ。函南町で
 136号にぶつかる、ここを左折。韮山町まで4キロだが、ゴルフ場はもう少し先。コンビニ
 でおにぎりの予定だったが、吉野屋を発見して納豆定食に変更。奥さんのご飯もプラス
 されて、結構お腹一杯になってしまった。韮山町に入って、ちょっと進むと「反射炉」の看
 板とゴルフ場の看板。左折して進んでいくが、だんだん登り坂になっていく。そんなに
 時間が掛からずに、赤レンガ風のクラブハウス。結構大きなゴルフ場なんだ。
  ホームページは無いようなので、E*GOLFの紹介から、
 「富士山を一望する景勝の地に、四季折々の風景を見せる27ホール、パー108.大自
 然との確かな融合を形にしたこの戦略的コースは、プレーヤーの挑戦をかきたてます。」
  説明をよく見ると、東・中コースの設計はあの赤星四郎。・・・日本にゴルフを持ち込んだ
 伝説のアマチュア・ゴルファー。やっぱ、それなりだったんだって、本当は良く分かってな
 いけど。
  スタートホールには、案内のキャディーさんが付いていた。我々は、セルフだから勝手に
 って感じだけれど、さすがに勝手にはやらせないってことか。今まで、最初のティーショット
 は、結構しびれて手が震えるくらいだったが、さすがに最近はそんなことも無くなった。
 ちょっと右に押し出したけどまあまあのGOOD・SHOT。奥さんはといえば、へえ〜という
 ほどのナイスショット。そこそこのスタートで安心・安心。コースは朝露で濡れていたけど
 とっても気持ちのいい状態だ。
  長いショートホールのティーショット。7番ウッドがいい感じでグリーン手前。これが後々
 ひびいてしまったようだ。いけるって思ったのが間違いの元。練習でも確立が良くなかった
 クラブを最初に良かったからって使い続けたのが墓穴を掘った。結構長いミドルホールで
 2打目につい7番ウッドを使ってしまった。いつもなら、ミドルアイアンで繋げるのに、最初
 に良かったんでついその気になっている。
  それにしても、奥さんの調子のいいことったら。ティーショットなんか、レディースティとは
 いえ、置いていかれることがたびたびだ。それも最初っからずっとだもん。スタート前の
 練習場では全然で、今日はどうなるかと思っていたくらい。いったいどうしたのだろう。
 それに、パットの好調さ。いつもだったら、いいせんでグリーンに乗っても、言ったり来たり
 でスコアがまとまらないのに、今日はびしびし決まっていた。
  自分もそこそこでいい感じなのだが、いいと思っていたのがロストしたり、斜面から出そ
 うと思ったのが林の中にいったり、イメージがつながらない。
  またまた、それにしてもだけど、奥さんの勢いが止まらない。今までの結果オーライと
 違う、本物って感じのショットが続いた。パットもそう。結局、前半、 52 のハーフ自己新
 だ。自分はなんとか 50 で終われたって感じ。
  混んでいるんだろう。1時間半くらいの休憩ののち後半がスタート。今度は「西コース」
 前半と打って変わって、山岳のコースだ。前情報だと(奥さんの)、東コースがイマイチ
って事だったけど、それが間違いで、東・中が良くて(赤星四郎設計)、西コースは昔の
 コースをそのまま使っているらしい。って言うか、いつもの安い料金のコースに戻ったって
 感じで、自分達にはどうってことない。けど、今まで広々としたところでやっていたので
 やっぱ違和感がある。今度は、東・中コースでやってみたいな。
  奥さんの調子は相変わらずだが、さすがにコースに手こずり始めている。もうちょっと
 が、やっぱもうちょっとだ。パットも少し集中が欠けそうになっている。それにしても、ドライ
 バーの好調なこと。ミスが全然ない。どうしちゃったのかな。
  本当に天気の良い日で、後半はトレーナーも着ていられないくらい。富士山も見えて
 いい感じだった。自分的には、イマイチ集中が持続出来なかったのがまずかったのだが
 (スコアは別として、収穫の多い一日だった)それなりに良かったな。今後に期待出来る。
  結局、奥さんはベスト・スコアの109。自分はいつもの99・・・しっかり100を切ってるっ
 ってそれなりと思いませんか?って、そんな余裕はないので次は頑張るぞ!!
  お風呂に入って(以外に小さくてがっかり)、それでも2時過ぎ。朝早いのは、後が楽。
 伊豆長岡駅でそばを食べて、奥さんは電車で湯河原へ・自分は車で清水へ。
  東コースがどんななのか確かめてみたい。そんな後味のコースでした。
  近いのがなんといってもGOOD。もっと安いと、もっと行くのにな。
                                        (2004.11.08)
・・・

赤星四郎の設計です。

伊豆にらやまカントリークラブ

夫婦ゴルフ
TOP
ゴルフ日誌(BackNumber)