out=36 in= 36  total = 72  フェアウェイキープ  2010年 
kazu 53 (20) 45 (17) 98 (37)  4/14 = 29 %
mari 47 (17)  49 (23) 96 (40)  9/14 = 64 % 

ゴルフ日誌

ゴルフ日誌(BackNumber)
夫婦ゴルフ
TOP
KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

函南ゴルフ倶楽部

nakayama=44+44=88

また、またまた、やっちゃったのは、ドライバーの”ピッチャー・ゴロ”です。

「おかしいなあ〜。リズムなんかは前と変わっていないと思うんだけどな〜」
と中山先生も心配しながらのラウンドでしたが、そのうちに、
「上半身の回転が浅すぎないか? コンパクトになり過ぎているみたいだ」の指摘をもらいました。
そして、言われたように肩の回転を深くしてみたら、なんと上手く当たりだしました。
上手くいかなくなると、つい、当てに行ってしまうようです。
昨日のスウェイ。そして今日の肩回転不足。どうやら、それらが原因のようでした。

いずれにしてもショット練習を”しない過ぎ”はまずいですね。
せめて、月2回くらいは、練習場へ行かなくてはと思っています。

おかげで(?)、後半のイン・コースは「45」で回れました。
ちょっと戻った感じかな〜。

グラフ
GDOのネット予約、

乗用カート・セルフで=7,950円(食事付き)でした。
2010年08月25日 函南ゴルフ倶楽部  
kannami-g-c  

ラウンド目標(kazu) :
ベストスコア更新=84 ,平均スコア=89、パット=(33) 以下、FWキープ=57% 以上

ゴルフ情報!! 
ゴルフ場予約 
クラブ・グッズ購入はこちらへ

また,またまた、やっちゃいました!!

初めてのコースです。
我々もですが、
中山先生も「新・天城にっかつGC」は、
もう飽きてしまったようなので、
”新鮮さ”でここにしました。

先生の、期待の、
「富士山」は曇りで見えなかったので、
パンフレットの写真を強引に載せました。

二日目のゴルフは「函南GC」。
ここは初めてラウンドするゴルフ場だ。

初めてってことは、コースレイアウトもよくわかってないし、
ティーグランドに立っても、グリーンが見えないホールなんかは、
どこへ打ったら良いかわからなしで、なかなか大変ってこと。
それは承知の上だったんだけど、いやはやこれがまた、ものすごい難コースだった。
これまでのゴルフ人生で間違いなく3本の指に入る。

ゴルフをあまり知らない人にはうまく説明できないのだが、ともかく、超疲れた。
それも、大たたきした疲れというより、精神的な疲労感。
1ホールごとのレイアウトが、まぁともかくひねくってあるというか、
視覚的にトリッキーで、素直に思いっきりショットできない。
これが、18ホールほぼ全部で、1ホール毎に、設計士との精神的戦いなのだ。
そして、さらにグリーンも平らなふつーのグリーンは無く、
すべてが2段グリーン3段グリーン、またはアンジュレーションが激しく、
しかも超高速でボールが転がる。
グリーンに乗っかってほっとするっていうことがなく、そこからがまた戦いというわけ・・・。
ほんと、疲れた〜。

結局、最後まで前日のような波には乗れずじまいで、私は「96」。
中山先生はそれでも、正確なショットが続き、
「なんやこれ!!むちゃくちゃ疲れるコースだがや〜」とか
ブチギレながらも、手堅くパーで押さえ「88」。
ダンナは今日も今日とて「98」で、これでもう、私には5連敗だ。

そして、今日、まだ昨日の疲れが残っている感じ。
来月は6日〜9日の4日連続4ラウンドという、
「山形」「秋田」「岩手」「青森」でのラウンドが待っている。

こうして、私とダンナのゴルフ修行はまだまだ続くのでした。

「まりまりのブログ」からも失敬します。

・・・

今まで、あまり”安売り”していなかったと思いますが、今回は、まあまあの料金だったし、
中山先生とのラウンドということもあって、ちょっと”フンパツ”しました。

ただし、この料金は「箱根コース」限定でしたね。
というのは、次のコース紹介で・・・・・。

攻略する喜び 箱根
箱根18ホールは、それぞれのホールが趣に富んだ戦略性の高いコース。
白球を追いラウンドする時、プレーヤーの胸には攻略する真の喜びが生まれることでしょう。

フルスウィングの快感 富士
富士18ホールは、フルスウィングを誘うフラットで豪快なコース。
時に力強く、時に繊細に、
おおらかにそびえ立つ富士山が、雄大な駿河湾が、白球の行方を穏やかに見守ります。

ってことで、もうお分かりですね。
箱根は、山岳で、ブラインドホールが多く、ピンポイントで狙っていく必要があり、
なかなか難しい設計になっています。昔のいわゆる”山岳コース”と言えそうです。
富士は、フラットで広々としていて思い切り打っていける。ってことでしょうか?
ということで、富士コースのほうが人気があって、箱根コースは安い料金で集客って感じです。