ゴルフ日誌

ゴルフ日誌(BackNumber)
2006年5月2日 勝浦東急ゴルフコース
http://www.katsuura-tokyu.jp
アウトコース=36 kazu = 45 mari = 57
インコース=36 kazu =45 mari = 58
  3時半に起床。4時に洲崎の清田さん別荘を出発した。ナビ
 によるとゴルフ場まで2時間かかる予定、朝早いのでそこま
 ではかからないと思うけれど。昨日は一日中強い風が吹いて
 いてかなり心配だったが今日は穏やかな感じの風模様だ。
 スタートの予約時間は5時42分で早朝スルーのゴルフで自
 分達の好きなパターンだ。途中に昼食が入ると気が抜けてし
 まうし、結局一日がかりになってしまう。これだと、うまくいけ
 ば十時くらいには終われる。
  まだ暗いなかを清田さんの運転で車を進める。ナビは右が
 海だと示しているがまだ目には見えていない。到着予定時間
 も示されているが、こちらは順調な走行のせいかだんだんに
 早まっている。そして、予定よりだいぶ早い4時55分に着い
 た。犬のゴマも連れてきていたので日陰を聞いたが広い駐車
 場には日除けになるものはなかった。幸い天気も曇っている
 窓を少し開けておくことにした。
  このあたりは東急リゾートで、別荘が建ち並んでいていかに
 もって感じがする。そしてそれはコースにも隣接して建ってい
 てとてもいい感じだ。
  したくをして外に出てみる。広いフェアウェイが広がっていて
 とても気持ちがいい。まだ時間が早かったので練習場を聞い
 てみると、「天気も心配なので、よかったらスタート出来ます」
 とのこと。ぶっつけでスタートする事にした。いきなりのティー
 ショット。どうなることやらと思いながらスウィング開始、なんで
 かボールに集中できてグリップ(左手の親指にクラブをのせる)
 もいい感じ。思いきりショットしたボールはいい感じで飛んでい
 った。なんか今日はよさそう、いい感じのスタートだ。
  さてさて問題は清田さん。なんといきなり初めてのコースデ
 ビュー。子供の頃ドライバーを打ったことがあるくらいで、今回
 コースに行くと決まってからも全然練習していないみたい。さ
 すが清田さん。とは思ったがとても心配。なによりも他の人に
 迷惑をかけるのだけは避けたい、いざとなればボールをピック
 アップするしかないかなと思いながらティーショットをみる。な
 んとこれがいい当たり、空振りを予想していたが逆の驚き。
  そして奥さんのティーショット。練習の成果がでていてこれは
 ナイスショット。今までコースにくるとアイアンはそこそこなのに
 ドライバーがイマイチっていうのが続いていたが今日はよさそ
 うだ。
  やはり心配していたのは進行が遅くなっていくこと。初心者
 が入って遅くなるのは仕方ないが、これはショットがウマイヘ
 タじゃなくて流れをしっかり教えない為だ。ティーショットを打っ
 たら次のクラブを持っていく、グリーンに近づいたらアプローチ
 用のクラブとパターも一緒に持っていく、これだけで全然違う。
 最初は何度もカートにクラブを取替えにいっていて後ろの組に
 追いつかれたが要領がわかって以降はかえって引き離すくら
 いに順調に進行した。初心者でも飲み込みが早い人は違う。
  早朝でグリーンが湿っていたのが幸いしたのだろう、比較
 的苦手な1.5mくらいのパットが入ってくれた。それから、こ
 れも練習の成果かも(あまり打っていなかったが)しれないが、
 ショートホールでのティーショット、150〜160ヤードくらいの
 距離がオンすることが多かった。練習ではアイアンの打ち方
 がイマイチ分からなかった。「プロはドライバーと一緒だ」と言
 うけれど、結果うまくいかなかった。本番でOKとはラッキーだ。
  奥さんのほうもドライバー・アイアンともに練習の成果が出て
 いるみたいで、苦手だったショートホールもうまくクリアしてい
 た。ちょっとした所で打ち損じがあったので、それがなくなって
 いけば100に近づきそうだ。
  それにしても今回OBがなかったのは、単にフェアウェイが
 広かったからかな。結構いいあたりのドライバーショットが打
 てていたけれど、ちょっと右、ちょっと左は何度かあった。狭い
 コースだったらOBになっていたかもしれないと思うとまだまだ
 練習が必要だと感じた。
  タラレバを言えばきりがないが、あと1個少なければ久しぶ
 りの80台。2個少なければベストスコアタイ。3個少なければ
 ベストスコア更新。もうちょっとって感じで楽しみです。
  文中にも書いたとおりに、このコースは広くて綺麗。リゾート
 コースにふさわしい雰囲気が出ている。さすがに、距離はあっ
 てティーショットがうまく打てても、150〜160ヤードが残る。
 ショートホールの距離もそうだったように、この距離を正確に
 打てるようにならないと、スコアアップは望めそうもない。
(2006.05.06)
 ・・・
南房総のゴルフ!!

千葉館山のゴルフに行ってきた。横須賀の久里浜から
フェリーにのって千葉の金谷まで、それから一般道を南
下していくコースになる。

久里浜のフェリー乗り場。朝
一番は6:20。湯河原の家を
4時に出発、なんと西湘バイ
パス経由でほとんど真っ直ぐ。
予定より早めに着く。

到着するとフェリーに乗る車
と、駐車しておく車と、場所が
指定されていた。駐車してお
く車が多いので不信に思った
がすぐに分かった。
乗り場が空くのを待っている
人達のそばに、なんとゴルフ
バッグ。それもすごい人数だ。
そう、ここに車を置いて海の
向こうの千葉でゴルフ
を楽しもう
という訳だ。
知らなかったな〜。

フェリーの中には、専用の
ゴルフ
バッグ用のラッ
が用意されていた。これは、
なんと普通の現象のようだ。

東京湾フェリー

千葉に上陸した後は清田さんと合流。一路、洲崎の
別荘まで走る。1年半振りとかで、この日は午前中
片付けをして午後は近くの日帰り温泉にいった。こ
れは別途紹介します。そして、朝が早いという事で
早めの宴会で早めの就寝になったのでした。

ゴルフの内容は右記の通りです

すごくついていたのは終わったらすぐに天候が急変
したことでした。最終18番ホールくらいから少し雨
模様になってはいたがそれほどとは思わずに、お風
呂に入って精算してゴルフ場を後にした。
それから何分も経たないうちに、雨が激し
くなって、
雷さえ加わった
豪雨に
なってしまった。「今ごろゴルフしている
人はどうなっているのか」と思いながら帰路についた。

帰りは逆のルート。
金谷港から久里浜へフェリ
ーで渡る。6:30の予定で
早めにいって、並んで待っ
ていたがちょっとトイレに
いって戻ってくると、自分の
車だけポツンと残されてい
た。なんと、5:55の臨時
便があって他の車はすで
に乗船を済ませていた。
なんとか滑り込みセーフで
乗せてもらいました。
で、乗ったのは数台だけ。
どうなっているのでしょう?

今回のスコアカードです!

勝浦東急ゴルフコース

夫婦ゴルフ
TOP