ゴルフ日誌

ゴルフ日誌(BackNumber)
夫婦ゴルフ
TOP

☆☆ ゴルフ予約は、いつもここから・・・

2008年06月24日 瑞浪高原ゴルフ倶楽部
西コース=36 kazu=49 mari=51
東コース=36 kazu=49 mari=54

瑞浪高原ゴルフ倶楽部

難しいけど、いいコース!!
ゴルフダイジェスト・オンライン

GDOなら、
平日・セルフプランで、
8000円
(昼食付き)。

安いですね!!

KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

・・・

朝起きると、
朝焼けの空、
今日は、晴れるぞ!!

上から、
クラブハウス。
西9番、ティーから。
東9番、グリーンから。

恒例となった(と言っても、まだ2回目ですが)、中山先生との名古屋地区でのゴルフ。今回は、岐阜県瑞浪市土岐町の「瑞浪高原ゴルフ倶楽部」。昭和36年開場とのことなので、名古屋地区でも名門と言えるようですね。場所的に、山岳コースですが、フェアウェイも広く、手入れも行き届いていて、非常にいいコースと言えそうです。トイレも、檜作りで、内装もいいし、ウォシュレット&自動栓で快適です。

車の中で話してきたところでは、中山先生は、首と腰のヘルニヤで、しばらく前までふらついていたそうで、「今日は、コルセットに湿布ベタ貼り」で来ているとのこと。そこまでするほど、今回のゴルフを楽しみにしていたらしく、前回から「全然練習できなかった」と言いながらも張り切っていた。

ここのところ、スタート前に全然練習せずに(球を打たずに)スタートしていたので、今回は1コイン(20球)だけ打ってみた。やはりドライバーが引っ掛かり気味のままで、どうしたらよいのか分からないままでのスタートになってしまった。

先生が身体があまり大きくない身体のくせに(?)すごく飛ばすので、ついつい力が入りすぎてしまって、最初のハーフは左に曲げっぱなしだった。それでも、コースが広いので、「なんとかセーフ」のパターンは幸いだった。

感じたのは、「打ち上げが多いな」ってこと。苦手なのでそう感じるのかもしれないが、なんか距離がかせげなくて、残りをフェアウェイウッドを持つことが多かった気がする。そして一旦下がってきて、また打ち上げの砲台グリーン。これがまた問題で、ちゃんと乗らないと、コロコロっと落ちてしまって、乗せるのに、また一苦労。ヘタすると、行ったり来たり。
どうしても1打ずつ多くなってしまって、結果、西コース=49。

昼食は、どのメニューでもセットの昼食券で注文できる。自分は「高原ラーメン」、まりまり(奥さん)は「冷麺」、先生は「カレー」。どれも手作り感のある、おいしい食事でした。また、レディース・デイとかで、まりまりには、アイスティーとケーキがサービスされた。いろいろ、やってくれています。

後半は、これじゃイカンということで、思い切り「力を抜いたドライバーショット」。これが、功を奏して、いいショットが打てるようになったのは収穫。「このドライバーは、こう打つのか!!」って感じですね。結果的には、何回かフェアウェイ・バンカーに捕まって、スコアは良くならなかったけれど、次に繋がる感じがしました。

結果、東コース=49。合計=98。
初めての、難しいコースで、このスコアは、上出来じゃないかな・・・。
まりまりは、51+54=105。これも、上出来。
先生は、56+51=107。腰をかばってのOB連発の割には・・・。
(最後まで出来た!!って喜んでいました)

帰りに先生のお宅に寄って、奥さんから、コーヒーとケーキをご馳走していただきました。次回が楽しみですが、身体を直すのが先決ですよね。

                                         (2008.06.25)