ゴルフ日誌

ゴルフ日誌(BackNumber)
夫婦ゴルフ
TOP

☆☆ ゴルフ予約は、いつもここから・・・

2007年07月18日 湯河原カンツリー倶楽部
イン=35 kazu=51 mari=52
アウト=35 kazu=43 mari=52

湯河原カンツリー倶楽部

名門コースに興奮!!
ゴルフダイジェスト・オンライン
KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

・・・

中山先生=51+43=94

いよいよ待望の、名門「湯河原カンツリー倶楽部」でのラウンドが実現する。
湯河原に来るようになって、もう7年がたつが、行きたいとは思っていたが、なかなかタイミングが合わなかった。コースから自宅まで5分という近さなのに・・・。
今回は中山先生が来ることになって、やっぱり「湯河原CC」でやりたいというリクエストに答える形になった。

駅で迎えた後、「うさぎや」で、ちょっと打ち合わせ。
今回は、奥様も来ていて、観光の段取りもあった。先生はといえば、まずはゴルフと・・・それしかない感じ。気合入りまくりでした。

駅からでも15分。家の前を通って行く。
平日で、キャディさんが付いて、11000円。最近安いところばっかり行っているが、名門でこの値段なら納得というところですね。

コースはフェアウェイは広く作ってあって、ティーショットは割合に打ちやすいのだが、グリーンが砲台になっていて、かなり小さい。グリーン周りのアプローチがかなり厄介になっている。フェアウェイも広いことは広いが、うねりがあって、平らなところでのショットはほとんどなく、ヘボにはちょっときつい感じです。で、グリーンは高麗芝で、読めない私はパットでも苦労しました。

インスタートで、10番こそパーでスタートしたが、砲台グリーンに悩まされてスコアがまとまらない。15番では、急な登りの砲台グリー脇の木に当てたり、登りきれなくて落っこちてきてしまったりで、9打かかってしまった。結局=51。

昼食は、しゃれたレストランでとった(写真)。真鶴名物の「まご茶漬け」があったり、なかなか美味しかった。

午後は少し慣れてきて、大叩きもせずに=43。
トータルは=51+43=94でした。(パー=70)

とにかく、景色が最高!!
伊豆半島から、真鶴半島、
左の方がちょっと霞んで見えなかったが、晴れていれば・・・。

ちょっとがっかりなのは、後半の、後続の男女2人の組が、「かなり近くまで打ち込んできた」ことでした。多分上手な人達で、自分の距離も把握して、大丈夫と判断しての事だとは思うが、「他人に不愉快な気分を与えない」というのが、ゴルフの最低のマナーだと思っているので、とても残念でした。分かりませんが、コースを良く知っている感じだったのでメンバーさんではないかと思われますが、「名門・湯河原CC」としては、情けない・・・かな。

上から、
しゃれたレストラン。
広いフェアウェイ。
真鶴半島に向かって
打ち下ろす名物ホール。
晴れていれば・・・。

肝心の、クラブハウスを
撮り忘れました。