夫婦ゴルフ

あとがき・・・から。

眩い日を浴びて
芝生の一葉一葉が輝くフェアウェイがあるホールには、
夜のように陰った林の中のラフもある。
そこにあるのはしかし、悲嘆ばかりではない。
私には、聞こえてくる。
終わるまで終わらせまいとする人々の、
噛みしめる奥歯の音や、
クラブをもういちど握りしめるグリップ音や、
そして、命いっぱいに挑んでゆくリカバリーショットの打球音が。

amazonなら中古本が、
150円で購入できます。
(2011年07月現在)

リカバリーショット

今週の一冊

TOP
今週の一冊(BackNumber)

平山 譲

「タイトル別検索」「作家別検索」は、
TOPページの
グーグル(サイト内)検索をご利用下さい。

ちょっとだけ、内容を、項目だけでも・・・・・。

「リカバリーショット」
25年でわずかツアー1勝の藤池昇龍が、息子に送った会心の一打。

「13番ホールで見つけた花」
マスターズ日本人史上最上位の伊澤利光、苦闘のオーガスタ18ホール。

「魔法の3番アイアン」
前世紀に輝いた王者セベ・バレステロスの現在、そして未来。

「タイガー対ふつうのおっちゃん」
震災で全てを失い、還暦でプロデビューを果たした古市忠夫とタイガー・ウッズ、涙の対戦。
「自分も彼の年齢になったとき、ああいう美しいゴルフがしていられるようになりたい」
・・・・・タイガー・ウッズ(本文より)

他、9編収録。


ちょっと、”うるうる”してくるような・・・・・。

誰にでも、逆転のための「人生をかけた一打」がある。

一度、読んでみると、良いです。

・・・

KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)
誰にでも、逆転のための
「人生を賭けた一打」がある!!
ゴルフ情報!! 
「ゴルフ本」情報!! は、こちらへ
リカバリーショット
平山 譲
2007年7月25日 幻冬社