夫婦ゴルフ

今週の一冊

TOP
今週の一冊(BackNumber)
ブラインドの皆さん、
  
外に出て、ゴルフをしよう!

「タイトル別検索」「作家別検索」は、
TOPページの
グーグル(サイト内)検索をご利用下さい。

KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)
ブラインドの皆さん、
外へ出て、ゴルフをしよう!
2006年04月24日 たちばな出版

amazon で、
中古本が、1円で購入できます(2013.02.09)。

半田晴久

1951年生まれ。
同志社大学経済学部卒業。武蔵野音楽大学特修科終了。
西オーストラリア州立エディスコーエン大学芸術大学院修了。
世界ブラインドゴルフ協会(IBGA)総裁。
日本ブラインドゴルフ振興協会名誉会長、
米国シニアゴルフ協会(WSGA)理事、
NPO法人日本インストラクタープロゴルフ協会(JIPGA)総裁。
日本で最初に「盲人ゴルフ倶楽部」を設立し、
紹介した「日本のブラインドゴルフの父」として知られる。
世界の盲人福祉活動への貢献により、
日本人で初めて英国王立盲人協会の副総裁に就任。

「日本のブラインドゴルフの父」と言われ、その発展に貢献してきた著者が、
協会創世記から、世界盲人ゴルフ協会、全米女子シニアゴルフ協会とともに、
「05年ワールドシニアゴルフレディースオープン選手権」を主催する
に至るまでの道を綴った感動の一冊!

主な内容

ブラインドゴルフとの出会い
オーストラリアで真に福祉活動に触れる
ブラインドゴルフ倶楽部設立
二人三脚のパートナーの育成
女子プロゴルフ界の事情
ジェーン・ブラロックとの出会い
世界の超一流女子プロとのラウンド
05年ワールドシニアゴルフレディースオープン選手権
ブラインドゴルフは健常者と同じルール
ゴルフは私たち家族の絆
松井新二郎氏から学んだこと

ゴルフ情報!! 
「ゴルフ本」情報!! は、こちらへ

・・・

”目が見えない“ということが、どういうことなのか?
全くというくらい、想像さえできませんが、なんとなく分かることがあります。

それは、「芯を食ったボールを打てた」ときの感触というか感覚というか・・・・・。
そして、「カップに落ちる”カラン”という音」は気持ちの良いものです。

こういう言い方はなんですが、自分がそうなったときに、本当にゴルフをやる気になれるかどうか。
今は、すっごく好きなんですが、どうでしょう。”引きこもって”しまいそうです。

ブラインドゴルフを楽しんでいる方々の勇気に敬服しています。