夫婦ゴルフ

今週の一冊

TOP
今週の一冊(BackNumber)

・・・

「タイトル別検索」「作家別検索」は、
TOPページの
グーグル(サイト内)検索をご利用下さい。

快適な日々

海老沢 泰久

スポーツ・ライターのエッセイ!!

快適な日々
海老沢泰久
1994年2月20日 早川書房

KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

amazon なら、
中古本が、
1円で、
購入できます。
(2008年10月現在)

ゴルフ情報!! 
「ゴルフ本」情報!! は、こちらへ

スポーツライター。
巨人が強かった頃の「プロ野球」。ホンダが頑張っていた頃の「F 1」。
そういう内容の著作が多く、この本を読んでみて、「F 1地上の夢」を読んでみたくなりました。

「スポーツというのは、その究極はすべて遊びである。遊びの精神のないスポーツなどというものは存在しない。ただそれを真剣にやるか不真面目にやるかで、意味や価値が生じたり生じなかったりするだけだ。ホンダのエンジニアたちは、F 1レースというスポーツを、非常に真剣に情熱を持って遊んだのである。」

ゴルフに関しての記述は、「自分のゴルフ」について書いている。
・・・プロ・スポーツとしてのゴルフじゃない、と言う意味です。
しばらくイギリス・ロンドンで暮らそうとしたときに
「イギリスはゴルフ発祥の国である。ロンドンへ行ってゴルフをしないという手はないし、イギリス人と一緒にゴルフをするのもイギリス人とつき合ういい方法のひとつだろうと思った」
・・・分かりやすい発想ですね。

そして、多くのゴルフ・ファンがイギリス(スコットランド・アイルランド)を目指すときは、セントアンドリューズであったり、ミュアフィールドであったり、超名門のコースに行こうとするが、生活の場でのゴルフをした彼は、「行けば誰でも出来る」という「リッチモンド・パーク」のゴルフ場で始まった。

これについては、「ぼくの好きなゴルフ」という本に書かれているので、是非読んでみて下さい。

海外でのゴルフっていうのもいいですね。
最近での夢というか目標です。

                                  (2008.10.19)