夫婦ゴルフ

今週の一冊

TOP
今週の一冊(BackNumber)

・・・

「タイトル別検索」「作家別検索」は、
TOPページの
グーグル(サイト内)検索をご利用下さい。

なぜナイスショットは練習場でしか出ないのか

市村操一

本番に強いゴルフの心理学。

なぜナイスショットは練習場でしか出ないのか
市村操一
2006年11月30日 幻冬舎新書
KAZU(kmgh@angel.ocn.ne.jp)

amazon なら、
中古本が、
1円で、
購入できます。
(2008年12月現在)

ゴルフ情報!! 
「ゴルフ本」情報!! は、こちらへ

教育心理学専攻、教育学博士(心理学)。現在、筑波大学名誉教授、東京成徳大学臨床心理学科教授。主な専攻は心理統計学、スポーツ心理学、比較スポーツ学。
・・・聞いただけで頭が痛くなってしまいます。

いわゆる専門家なので、こういうことに対して、こういう統計をとったので、こういうことが言える。って言うのが、この本の内容なのです。
頭の悪い私には「こういうときは、こうしなさい」って言ってもらった方がいいのですが・・・。

タイトルを紹介します。
序章 アニカ・ソレンスタムと宮里藍の強さの秘密
第一章 プレッシャーの原因を探り、上手に克服せよ
第二章 心の「雑念」を停止するとっておきの方法
第三章 ゾーンの中でプレーする
第四章 なぜ練習場のように打てないか
第五章 技術習得をより効果的にするヒント

いろいろ、ゴルフが上達する方法が書いてありますが、そもそも、ゴルファーには下記のタイプがあって、本当に上達しようと思っているのかどうかが、問題の一つでもあるようです。
@ゴルフのゲームがなんとかプレーできるようになるまでは、少し練習はするが、コースを回れるようになると、それ以上の進歩を真剣に望むこと はない。自分の現状を受け入れるタイプ。
A上達への意欲は高く、おまけに負けず嫌いで、練習も熱心。しかし、進歩のために根本的なところから自分を変えようとはしない。技術的な面でも考え方の面でも大きな変化は避けようとする、問題を応急的に改善 すればそれでいいタイプ。
B進歩するために必要な変化に、現実的に対処しようとする態度。さまざまな習慣を修正する必要があれば、その修正を受け入れて、時間をかけて達成しようとするタイプ。

もちろん、分かりますよね。
シングルプレーヤーになるには、Bの態度が必要です。

私のば場合は、Aかな。
現状のスウィングをちょっとだけ治したり、パターやアイアンをいじってみたり(道具で対応したいかな)・・・プロに付いて、根本的に対処するところには、残念ながら、いっていません。

                                 (2008.12.08)